スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

2010年ニュル24時間優勝車LF-A#50 & TS030 HYBRID プロトタイプ

2013.03.07 19:30  クルマ

昨日の続き

先日豊田市に行ったついでにトヨタ会館に行ってきた

前回行った時はF1が展示してあったけど

今回はこの2台が展示してあった

LFA_nur_01.jpg

LFA_nur_02.jpg

LFA_nur_03.jpg

LFA_nur_04.jpg

2010年ニュルブルクリンク24時間耐久レース優勝車LFA#50

全長×全幅×全高:4455×1950×1200

エンジン:V10 4,805cc

TS030_01.jpg

TS030_02.jpg

TS030_03.jpg

TS030_04.jpg

TS030_05.jpg

2012年ル・マン24時間レース参戦車 TS030 HYBRID プロトタイプ

全長×全幅×全高:4650×2000×1030

車両重量:900kg以上

ハイブリッドシステム:THS-R(TOYOTA HYBRID System-Racing)

エンジン:90°V8 3.4Lガソリンエンジン


TS030はプロトタイプだったけどLFAはレースに使用した実車だったので

タイヤカスなどの汚れがいっぱい、補修した跡もちらほら

そりゃ24時間全力で走ればこうなりますよね

ところでLF-A、2005年のコンセプトカーの段階では

「LF-A(Lexus Future Advance)」という名前だったけど、

2009年の正式発表では「LFA」で「-」が取られた(知らなかった)

でもこのニュル車の説明では「LF-A」だったけど?ただの間違いっぽい

デザイナーはレオナルド・フィオラヴァンティ

手がけた代表作は フェラーリ 288GTO(1984年)や F40(1987年)など


LFA_mini.jpg

ちなみに2階にはショップがあって、ミニカーやチョロQ、カレーなんかも売っている

毎回何も買ってこない^^;


お楽しみいただけたら、ポチッと応援お願いいたします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 車関係なんでも - ジャンル : 車・バイク

| コメント(4) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

LFAってそういう由来なんですね。
初めて車雑誌にテスト走行をスクープされた時は、スープラの後継車という見出しだったので、かなり注目していました。
想像してなかった程高価で手が届きませんが(笑)

わか | URL | 2013.03.09 11:01 | 編集

わかさん、こんばんは
コメントありがとうございます

LFAは「Lexus Future Advance」の後
もう一回名前が変わったような気がするんですけど…?
LFAの「LF」がデザイナーのイニシャルなんて話もありますよ

仰る通りスープラの後継なんてウワサもありましたね
でも発表してみたら日本で一番高い車でした^^;

overture1975 | URL | 2013.03.09 20:00

・・・自分も3月入ってすぐに行ったのでもしかしたらニアミスしていたかもですね~~~

個人的には是非とも初参戦の真っ黒な仕様を飾って欲しいモノですが、色々ありそうだし無理なのかなぁ?

清四郎 | URL | 2013.03.09 22:17

清四郎さん、こんばんは

私は3月6日に行きました
なんかスーツ姿の人がいっぱいでしたね

LFAの黒仕様ですか?
私は知りませんが、そんな車体もあるんですね〜
検索しても出てきませんでした^^;

overture1975 | URL | 2013.03.09 23:08

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

 

プロフィール

FC2ブログランキング

人気ブログランキング

人気ブログランキング

リンク

FC2カウンター

FC2カウンター

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報

アクセスランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。